プロフィール

300_z9a6791

占い総合カウンセラー/コンサルタント
橘 寧乃(たちばな やすの)

誕生日 7月27日
広島在住

 

占い総合カウンセラー/コンサルタント 橘 寧乃(たちばな やすの)

 占星術をメインに数秘術、タロットで恋愛、婚活をはじめ、金運・財運・健康・才能・海外縁・魅力(美容)・仕事運・人間関係をアドバイス。多角的できめ細やかなアドバイスで好評を得ている。クライアントから特に定評があるのが未来予測と不運回避法で、具体的な病気の発見なども含め、実績を認められ多くのリピーターを持つ。
音による名付けも得意とし密密で著名人、有名芸能人の名付けも受ける。

 幼少期より占い、呪術、神主等の適性をその道のプロから指摘されており、思春期は巫女もしており寺社仏閣の上空には龍がいるもの、そして龍は全ての人に見えていると信じていたが、ある日そうではないことを知り世界観が変わる。普通の人として暮らす努力をするが、類い稀なるスピリチュアルセンスは隠せるものではなく、その能力を利用、悪用しようとする人が後を絶たないため能力を某神社にて封印する。

 2005年にアメリカ西部5州観光局日本支局長の仲介により渡米し、ニューメキシコ・セドナのトップヒーラー、チャネラーと面会した際に「あなたは私たち側の人間だ」と指摘され、占い師としての高い適性を指摘される。(セドナについては以下参照)
その後、チベット仏教僧・高僧と出会い、チベットから来日中のダライ・ラマ側近の占い師に「占術を伝授する」とまで言われるが、チベット語がわからないため断念する。現在でも高僧たちと親交を深めている。

 これらの出来事を契機に本格的に占い師としての活動を始める。最初の3年間で口コミだけで2000人を超えるクライアントを得て、2009年に広島にて占いカウンセリングサロン「クレイラ」をオープン。口コミは国内にとどまらず、ハリウッド等の海外からもクライアントが訪ねて来るようになる。
現在、芸能界、角界、財界、医師会にもクライアントを持つ一方で、一般の主婦、OLから風俗嬢に至るまで、幅広いクライアントのカウンセリング、コンサルティングを行っている。

 また、個人の運気をサポートするアイテムとして、占星術を使って鑑定したデータと顧客の開運希望をもとにオーダーメイドで作るパワーストーンブレスレットも好評を得ており、
2011年「家庭画報通販」において販売した、健康運、金運、恋愛運に特化したパワーストーンブレスレットは、パワーストーンブレスレットの売り上げナンバー1になった実績を持つ。

掲載誌

2010年
「家庭画報」7月号
「動物モチーフの開運ジュエリー」にて開運アドバイス。
2011年
「家庭画報」新年号開運別冊
「星座別一年の運気」を担当。
2011年
「家庭画報」新年号~12月号
「毎月の運勢」担当
2012年
「グラマラス」(講談社)
バレンタイン特別企画「男を7日間で落とす方法」占いページ担当。
占星術にある古典的な「色気」を観る方法を現代風にアレンジし「フェロモン占い」と銘打ち星座ごとに恋愛成就法を8ページにわたってアドバイス。

 

 

セドナ(アメリカ)について

11

かつて、ネイティブアメリカンの人々は、セドナを神聖視し、儀式を執り行うために訪れていたといいます。セドナは、アメリカ合衆国アリゾナ州中北部、州都フェニックスより北に向かい車で2時間の場所にある街。

セドナにはvortex ボルテックスと呼ばれるパワースポットが10カ所ほどあるとされている。

セドナは「スピリチュアル」な場所、”癒しの町”として人気があり、年間に約400万人の観光客が訪れる観光地・保養地となっている。
出典:VISITSEDONA.COM

 

ビッグサンダー・マウンテンのモデルとなった場所。その一説が、アメリカのアリゾナ州にあるセドナです。セドナにある雷が落ちる高い山、サンダーマウンテン。昔、ウォルト・ディズニーはセドナに別荘を持っていて、サンダーマウンテンに大きなインスピレーションを得たと言われています。
出典:BLOG.JAMI-RU.COM

 

チベットの占いについて

占星術や占星図の星の位置はチベットの日常生活に重要な役割を占めており、60年サイクルの各年にふり分けられた十二支と五行の組み合わせによる吉凶は占星術師(ツイーパ)によって注意深くよみとられる。十二支上のある動物と別の動物は相克関係にあり、五行もまた各要素の間に相性がある。たとえば寅と申の組み合わせは凶。それと同様に鉄は火に溶かされるので相克の関係にある。月、日、時間でさえも、ある種の組み合わせによって凶となる占星術的に特別な視座がある。毎年の年末に新しいカレンダーを作成する時と同様、占星術は多様なレヴェルでチベット事情に影響を与えている。ダライ・ラマの即位から長い旅への出発にいたるまで、重要な事柄はすべて占星術で吉日を定めておこなわれる。

数字、数珠、サイコロなどを用いた占いは、雑多な問題に悩み、指針を求める人々によって利用されてきた。占星図は自分の未来の出来事を知るために作成するのは勿論、結婚相手の選択や葬列に参列者として相応しい人を選ぶ際などにもごく普通に作成される。

出典:ダライ・ラマ法王日本代表部事務所

 

お問い合せ